PVレンジャーは太陽光発電設備を救出・維持・再生します。

レンジャーが行く エンジニアレポート

出動要請・お問い合わせはこちら

説明会開催中! || よくあるご質問

発電しない?売電量不足?異常を感じたらPVレンジャーへ

HOME > トラブル事例 > 当初の発電シミュレーションほどの売電収益がない

2014年12月18日

お困りごと

今年になって、当初想定された売電金額に足りない月が続いている。発電はしているようだが、全システム容量で最大量が得られているかどうか知りたい

調査ポイント

まずは太陽光発電能力測定で発電量をチェック

テスターやIVチェッカーでアレイひとつづつのデータを取ります
測定完了画面
測定された生データは、わかりやすい波形で表示されます。太線が従来の正常値を示す波形出力不足のデータが検出されました。

お客様の声

専用の検査測定器を使い、目には見えない電力や太陽光発電の状態をチェックし、異常を検出。
やはりお客様が感じておられたように、十分な発電をしていないアレイを発見しました。そのアレイに起因して期待されていた発電量が得られていないことがわかりました。手を打つべき原因が分かったときのお客様の晴れやかな表情が印象的でした。

トラブル事例一覧へ戻る

出動要請・お問い合わせはこちら