PVレンジャーは太陽光発電設備を救出・維持・再生します。

レンジャーが行く エンジニアレポート

出動要請・お問い合わせはこちら

説明会開催中! || よくあるご質問

発電しない?売電量不足?異常を感じたらPVレンジャーへ

HOME > トラブル事例 > 太陽光発電システム設置して1か月。時々太陽光発電モジュールに不良品があると聞くので、先にモジュールを検査してもらいたい

2014年12月17日

お困りごと

設置完了したシステム、シミュレーションどおりの発電量を得られる設備になっているか確認したい。
もし機器に何らかの問題があるのであれば、いまの時点で不安を取り除いておきたい

調査ポイント

太陽電池モジュール計測検査・サーモカメラによる温度異常測定

目視で見る限りなんら問題がない整然と並んだ太陽光パネル
同じ位置、角度からサーモカメラで撮影した画像。
正常な発電ができていれば、美しいグラデーションに撮影できるのだが、一部分に異常が見える
サーモカメラでの撮影シーン
日中の発電状態で、表面温度をそのまま色で表現します。周囲と異なる温度を表す色が表示されたら要チェック、なんらかの異常を検出です。

お客様の声

整然と美しく設置された太陽光発電システムも、性能面については、目視では不良モジュールがあるとはわからないとお客様も納得されました。
お客様は、太陽電池モジュールメーカーに連絡を取り、交換の手続きをされました。
本格稼働する前に、良好な状態の太陽光発電所に整えることができてよかったとたいへんお喜びいただきました。

トラブル事例一覧へ戻る

出動要請・お問い合わせはこちら