PVレンジャーは太陽光発電設備を救出・維持・再生します。

レンジャーが行く エンジニアレポート

出動要請・お問い合わせはこちら

説明会開催中! || よくあるご質問

発電しない?売電量不足?異常を感じたらPVレンジャーへ

HOME > トラブル事例 > 発電所を購入したが発電量にバラつきがある。

平成27年12月18日

お困りごと

太陽光発電所を購入したが、計測装置にて確認した所パワコン毎の発電量に差異が発生しているのは何故か。

調査ポイント

現場南側より発電所を確認すると既に不安がある状態です。
太陽電池下の地面に影がくっきりと見て取れます。
時間の推移を予測し障害物と太陽電池の関係性を調査します。
奥に見える電柱は近過ぎて移設も困難な状況です。
太陽は移動し逆に影は動く、自然の摂理ではありますが事業主様に報告するのも憚られる状況です。

お客様の声

お客様へ調査結果を基に色々とヒヤリングを行った結果、購入の際に現地確認を行っていなかったとの事です。
お客様曰く「やはり現地に行かないと分からない事も多いですね、移設可能か業者に相談してみます」とのお礼を言われましたが、少し複雑な心境でご報告を完了しました。

トラブル事例一覧へ戻る

出動要請・お問い合わせはこちら