PVレンジャーは太陽光発電設備を救出・維持・再生します。

レンジャーが行く エンジニアレポート

出動要請・お問い合わせはこちら

説明会開催中! || よくあるご質問

PVレンジャーは個人情報もしっかり守ります!

HOME > プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

株式会社PVレンジャー(以下当社といいます。)は、個人の権利利益の保護の理念の下、個人情報を適正に取り扱うことが企業の社会的責務であると認識し、以下の基本方針にしたがって、個人情報を保護し、社会の信頼に応えて参ります。

1.
当社は、個人情報(特定の個人を識別できる情報をいいます。以下も同様とします。)を取得する場合、利用目的をできる限り特定し、ご了解をいただいた範囲内で個人情報を取得します。
2.
当社は、個人情報を利用目的の達成に必要な範囲で利用します。この範囲を超えて個人情報を利用する必要が生じた場合、法令に定めがある場合を除き、その利用について同意を得るものとします。
3.
当社は、個人情報を取り扱う組織毎に個人情報の管理責任者を置き、個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏洩等の予防、是正等、適正な管理に努めます。
4.
当社は、予め同意を得た場合または法令で認められる場合を除き、個人情報を第三者に提供しません。 なお、個人情報を第三者に提供する必要がある場合、提供する情報は必要な範囲に限定し、提供先に対して契約等により個人情報の管理を義務付けるとともに、適正な監督を行います。
5.
当社は、対応する窓口にいただいたご本人からの個人情報に関する苦情、照会、訂正等について、ご本人であることの確認を行って、適正に対応します。
6.
当社は、個人情報に関して適用される法令、規範を遵守することはもとより、個人情報を適正に取り扱うための社内規程の整備、社内で従業する者に対する教育、内部監査の実施等により、上記の各項目における取り組みの見直しを行い、社内体制の継続的な改善・強化に努めて参ります。
7.
当社は、個人に関する全ての情報は、その取扱いによっては個人の権利利益を侵害する可能性があることを十分に認識し、個人情報以外の個人に関する情報についても、ここに定めるプライバシーポリシーに準じ、適切に取り扱います。

制定日 2014年12月1日

株式会社PVレンジャー
代表取締役社長
根上 幸久

個人情報保護方針

個人情報保護方針個人情報取り扱い事業者の氏名または名称

株式会社PVレンジャー

個人情報の利用目的

当ウェブサイトご利用者の個人情報につきましては、利用目的を定め、原則として、予め特定された目的以外には利用いたしません。
【利用目的】

  • ・ご購入いただいた製品・サービス等のお申し込みの確認やお届け、関連するアフターサービス・メンテナンス・修理等に関する情報のお知らせのため
  • ・当社、当社関係会社および当社提携先の製品・サービス等に関する製品情報、キャンペーン等の各種情報のご提供・ご案内ならびにカタログ等の各種資料のご提供
  • ・ご送付のため
  • ・製品・サービス等の企画・開発・改良のため
  • ・製品・サービス等の営業・販売・マーケティング活動のため
  • ・前各号の業務に附帯関連するアンケート等による調査・データ収集・分析・分析結果の事業での活用のため
  • ・その他前各号に附帯関連する業務の実施のため

個人情報の共同利用

当社は、<利用目的>を達成するために、個人情報を以下のとおり共同して利用いたします。 

  • ・共同利用する個人情報の項目:氏名、住所、電話番号、メールアドレス、勤務先情報(会社名、部署名等)および販売・サービス・アフターサービス・メンテナンス・修理・調査等に関する情報
  • ・共同して利用する者の範囲:当社関係会社
  • ・利用する者の利用目的:<利用目的>の円滑な遂行および<利用目的>に関連して生ずる共同利用者間の債権債務の処理のため

個人情報の安全対策

当社は当ウェブサイトご利用者の個人情報を安全に管理・運営するよう鋭意努力しており、個人情報への外部からの不正なアクセス、個人情報の紛失・毀損・破壊・改ざん・漏洩・社外への不正な流出等への危険防止に対する合理的かつ適切な安全対策を行っています。

個人情報の第三者への提供

当社では次の場合を除いて個人情報を外部に提供することはありません。

  • ・個人情報提供者ご本人から同意をいただいている場合
  • ・法令に基づく情報提供命令等があった場合
  • ・当社が提供するサービスの利用に関連して、当ウェブサイトご利用者が法令や規約、ガイドラインなどに反し、第三者または当社の権利、財産、 サービスなどを保護するために必要と認められる場合であって、本人の同意を得ることが困難な場合
  • ・人の生命、身体および財産などに対する差し迫った危険があり、緊急の必要性がある場合であって、本人の同意を得ることが困難な場合
  • ・当社と機密保持契約または機密保持条項を含む契約を締結している業務委託先との委託業務の遂行のために必要な場合