PVレンジャーは太陽光発電設備を救出・維持・再生します。

レンジャーが行く エンジニアレポート

出動要請・お問い合わせはこちら

説明会開催中! || よくあるご質問

太陽光発電を守る技術情報は、技術eye!をご覧ください

HOME > レンジャーが行く エンジニアレポート > またもや?いえそんなことは・・・・

またもや?いえそんなことは・・・・

更新日時

平成27年8月10日

技術情報

何時も拙い記事を読んで頂いている皆様、誠に有難う御座います。

暑い日が続きますが体調を崩されませんようご留意下さい。

 

先日、あるお客様より「パネルが白く曇っているが、製品不良だろうか?」との問い合わせがあり、駆け付けを行って診断を行った。

 

話が来た時点で「ガラスは割れていませんか?」とお話をしたのだが、お客様としては「そんなことは無いはず・・・」という先入観からか正確な情報が入ってこない場合、取る方法としてはやはり 百聞は一見にしかず である。

 

行ってみて分かることは勿論多いのであるが、どうも不自然なパネル位置のものが破損していた。

入口は公道より畑を挟んだ随分遠く、手前側であるにはあるが意図的に何かしないと破損する理由が見当たらない。また太陽電池も確認してみるが、大きな打撃痕はなくガラス上部に投石などの特徴も無かった。

 

現在太陽光発電所がいくつも建設され、目にすることも多くなったせいか 悪戯 としか思えない内容にてお客様の設備を損壊する方が多くなって来ている事実をお伝えすると、お客様は納得が行かないご様子、だが対策を施さねば再度何かを行われ1枚の破損では済まない可能性も否めない。

 

しっかり現状を分析し、対策を含めたご提案を行う旨をお伝えし後味の悪い現場退場となった。

 

過去の記事