PVレンジャーは太陽光発電設備を救出・維持・再生します。

レンジャーが行く エンジニアレポート

出動要請・お問い合わせはこちら

説明会開催中! || よくあるご質問

太陽光発電を守る技術情報は、技術eye!をご覧ください

HOME > レンジャーが行く エンジニアレポート > 雪による大混乱・・・特に最寄路線

雪による大混乱・・・特に最寄路線

更新日時

平成28年1月20日

技術情報

関東以北の方には この程度で と怒られるかもしれないが、17日夜~18日朝までの雪には困惑した。

 

東京は雪に弱いと言われていたが、本当に弱かった・・・特に最寄路線! 車庫での停電により間引き運転で通常の1/3とのアナウンスが入るがどう考えても1/10の間違いではないかと思うほどの本数しか来ない。

積雪量としては約5~10cm、出勤の為いつもより30分早めに自宅を出たのだが・・・・・会社に到着したのは11時半頃、いつもの4倍以上時間が掛かってしまった。

 

また雪も水分が多い雪とパウダースノーでは、太陽電池パネルや架台にかかる重量が随分違うとの話だ。

一部の太陽光発電所では積雪を見越して架台を嵩上げしているものを見たことがあったが、確かに設置条件や強度計算には 雪 という要素は欠かせない事を改めて痛感したのだ。

 

その他にもパネルの上の積雪が原因で、監視を行っている発電所からはアラートが出た所も多くあったと聞き及んでいるのだが、多雪地域に現場が有ると対応が困難だろうと、更に気分が滅入るレンジャーであった。

過去の記事