PVレンジャーは太陽光発電設備を救出・維持・再生します。

レンジャーが行く エンジニアレポート

出動要請・お問い合わせはこちら

説明会開催中! || よくあるご質問

太陽光発電を守る技術情報は、技術eye!をご覧ください

HOME > レンジャーが行く エンジニアレポート > 遠隔監視システム【エネライン】

遠隔監視システム【エネライン】

更新日時

2017年11月15日

技術情報

こんにちは!赤レンジャーです。

今朝は、通勤電車が止まった為、渋谷からWalkingで出社しました!

予期せぬトラブル、日々余裕を持った移動を心がけましょう!

 

今日は、遠隔監視システムついて、ご紹介します。

当社グループ会社に、1967年設立の架台メーカー”ネミー株式会社”があります。

いつも、架台メーカーとしてお問い合わせを頂戴しますが、実は、自社開発品で、【エネライン】という低圧発電所向けの遠隔監視装置を販売しております。

 

こちらの商品は、個別電灯契約不要で、100kW以下のパワーコンディショナに対応(メーカー不問)し、どこでも手軽にモニタリングする事ができます。全量、余剰電力買取、両制度に対応しており、最大5台までの接続が可能となっております。もちろん、パワーコンディショナ毎の計測により、動作停止や抑制機能によって制御されたパワーコンディショナの出力低下などを検知し、あらかじめ登録されたアカウントへメール発報する機能を装備しております。

 

出荷台数は、日本全国に、500台超、案件総出力で、15MW超になります。

 

安心安全な発電所運営を継続していくには、いち早く不具合に気づき、対処する事が一番の近道です。まずは日々の発電量計測、監視から、始めてみては、いかがでしょうか?

 

 

過去の記事