PVレンジャーは太陽光発電設備を救出・維持・再生します。

レンジャーが行く エンジニアレポート

出動要請・お問い合わせはこちら

説明会開催中! || よくあるご質問

太陽光発電を守る技術情報は、技術eye!をご覧ください

HOME > レンジャーが行く エンジニアレポート > 想定外の風の強さか強度不足なのか

想定外の風の強さか強度不足なのか

更新日時

平成27年6月16日

技術情報

ご存知の方も多いかと思うが、朝のニュースや新聞の一面をショッキングな内容が賑わせていた。

 

昨日起こった 群馬での突風被害 という内容であったのだが、そこに掲載されていた写真は

 

倒壊した太陽光発電所

 

余程風に勢いがあったのか・・・

はたまた強度が風を考慮せず、脆弱なものだったのか・・・

 

真偽の程は分かりかねるが、関係者としては非常に複雑である。

一部の記事にもあったが、昨晩のうちに撤去作業が進み、日中に電気火災や感電事故などの二次災害が起こらない事を祈るのみである。

 

 

末筆となってしまいましたが、被害にあわれた方々が早く通常の生活へ戻れるよう願っております。

過去の記事