PVレンジャーは太陽光発電設備を救出・維持・再生します。

レンジャーが行く エンジニアレポート

出動要請・お問い合わせはこちら

説明会開催中! || よくあるご質問

太陽光発電を守る技術情報は、技術eye!をご覧ください

HOME > レンジャーが行く エンジニアレポート > 屋根より高い~ ん?高さか値段か

屋根より高い~ ん?高さか値段か

更新日時

平成27年5月7日

技術情報

中々都心部では見られない光景であるのだが・・・・
季節がらこのような状況を見ると微笑ましく思う反面、大丈夫かなぁと心配もする。

 

太陽光発電の特徴として年間想定発電量の中で4、5、6月や10、11月など「25度前後の日射量が良い」月が年間で一番発電を行う。


日射は良いが気温が高い真夏もNG、気温は低いが日射が少ない冬もNGとなり、中間期に年間のピークが計測されるのが一般的なのである。

 

勿論健やかな成長が一番大事であるが、願わくば太陽電池に日影にならないように・・・と恨めしそうに鯉のぼりを眺めるのも、そろそろ職業病と諦めることが必要と感じてきた。

 

※画像はあくまで参考画像です。

過去の記事