PVレンジャーは太陽光発電設備を救出・維持・再生します。

レンジャーが行く エンジニアレポート

出動要請・お問い合わせはこちら

説明会開催中! || よくあるご質問

太陽光発電を守る技術情報は、技術eye!をご覧ください

HOME > レンジャーが行く エンジニアレポート > 太陽光発電で一番多いトラブルは・・・・

太陽光発電で一番多いトラブルは・・・・

更新日時

2015年3月23日

技術情報

一説によると太陽光発電でのトラブルについて、設備を設置し順調に発電している確率は約2/3、何らかのトラブルを抱えて対応している確率が残りの1/3とのことだ。

 

その中で一番多い原因は25%程を占めるパワーコンディショナである。

 

電制製品である以上、家電と同じく故障については全く無いとは言い切れない部分はあるものの、前述したモジュールのトラブルが約15%程に対し些か多過ぎる感は否めない。

 

実際現場で復旧作業に携わるが、再起動することで運転が再開されれば、こちらとして出来る事は次の事象が起こるまで待つしかない。


もう少し現場で対応出来る内容が増え、事業者様が分かりやすいエラー表示、素早い代替機の準備や交換など解決しなければならない問題も未だ数多くあり、メーカー側への要望が尽きない日々が続くのである・・・

過去の記事